2020 Virtual Scientific Program American Society of Clinical Oncology®

Abstract 4000 大腸癌

このエントリーをはてなブックマークに追加


A phase II, multicenter, open-label study of trastuzumab deruxtecan (T-DXd; DS-8201) in patients (pts) with HER2-expressing metastatic colorectal cancer (mCRC): DESTINY-CRC01.

First Author : Salvatore Siena, et al.

HER2発現の切除不能大腸癌に対するトラスツズマブ デルクステカン(T-DXd; DS-8201)の多施設共同非盲検化第2相試験(DESTINY-CRC01)

背景

 トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)はトラスツズマブと同じアミノ酸配列からなるヒト化抗HER2 IgG1モノクローナル抗体、exatecan誘導体であるトポイソメラーゼ1阻害薬、テトラペプチドベースの切断可能なリンカーの3つの要素からなる抗体薬物複合体(ADC)である。T-DXdは高い薬物抗体比を持ち、既に本邦では化学療法歴を有するHER2陽性の手術不能または再発乳がんに対して承認が得られている。今回、HER2発現のある切除不能大腸癌を対象として、T-DXdの有効性と安全性を検討した国際共同第2相試験(DESTINY-CRC01)試験の解析結果が報告された。

対象と方法

 本試験の対象は、中央判定においてHER2発現の確認された切除不能大腸癌であり、主な適格基準はRAS/BRAF野生型、2レジメン以上の治療歴を有する症例であり、抗HER2療法の治療歴は許容された。一方で間質性肺疾患の既往歴がある症例/疑いのある症例は除外された(図1)。
 T-DXdは6.4mg/kgを3週毎に不応・不耐となるまで投与された。
 コホートAはHER2陽性例(免疫染色[IHC]3+ or IHC2+/in situハイブリダイゼーション法[ISH]+)とし、少なくとも20例の症例が12週後の腫瘍評価を完了した後に無益性のモニタリングを実施し、コホートB(IHC2+/ISH-)、コホートC(IHC1+)の登録開始が判断された。モニタリングの結果、コホートB/コホートCの登録開始が決定され、最終的にコホートA 53例、コホートB 7例、コホートC 18例が登録された。
 本試験の主要評価項目はコホートAにおける中央判定での奏効割合(ORR)だった。
 本解析のデータカットオフは2019年8月9日であり38.5%の症例は治療継続中だった。61.5%は試験治療を中止しており、その中止理由は原病増悪が41.0%、臨床的増悪が9.0%だった。

このコンテンツは会員限定です。ログインをしてご覧ください。

ユーザ登録 ログイン

レポート一覧へ