胆道癌 (Bintrafusp alpha)

Phase I study of bintrafusp alfa, a bifunctional fusion protein targeting TGF-β and PD-L1, in patients with pretreated biliary tract cancer

Yoo C, Oh DY, Choi HJ, et al, J Immunother Cancer. 2020 May; 8(1): e000564. [PubMed]

このエントリーをはてなブックマークに追加
対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
胆道癌 二次治療以降 第1相 安全性
(有害事象の発現率等)
国際共同 あり

試験名 :なし

レジメン:Bintrafusp alpha

登録期間:2017年2月1日〜2017年5月30日

背景

胆道癌に対する標準的な二次治療は確立していない。bintrafusp alfa(M7824)は、TGF-β及びPD-L1を標的とする融合タンパクである。M7824は、進行固形癌患者を対象とする先行する第1相試験1)等において、臨床効果及び管理可能な安全性が認められており、化学療法歴のある切除不能な胆道癌におけるM7824の安全性及び有効性を検討する目的で、本試験の用量拡大コホートが実施された。

シェーマ

統計学的事項

主要評価項目:有害事象の発現率等の安全性の評価項目が設定され、統計学的な仮説検定は設定されなかった。

試験結果:

  • 登録期間において30例が登録され、観察期間の中央値は15,3ヶ月だった。
  • 腫瘍の局在は、胆嚢12例(40%)、肝内胆管10例(33%)、肝外胆管7例(23%)、乳頭部1例(3%)だった。
  • PD-L1の発現は、陽性(PD-L1発現の腫瘍細胞の割合が1%以上)16例(53%)、陰性(PD-L1発現の腫瘍細胞の割合が1%未満)13例(43%)、不明1例(3%)だった。
1. 奏効割合(RECIST ver.1.1)
  例数(%) 95%信頼区間
中央判定(n=30) 6例(20%) 8-39%
治験責任医師判定(n=30) 7例(23%) 10-42%
  • 完全奏効は中央判定及び治験責任医師判定で、それぞれ1例(3%)及び2例(7%)に認められた。
  • PD-L1陽性及び陰性集団における中央判定による奏効割合は、それぞれ19%及び23%だった。
2. 全生存期間
  中央値 95%信頼区間
M7824 12.7ヶ月 6.7-15.7ヶ月
3. 無増悪生存期間(RECIST ver.1.1)
  中央値 95%信頼区間
中央判定(n=30) 2.5ヶ月 1.3-5.6ヶ月
治験責任医師判定(n=30) 2.5ヶ月 1.3-4.0ヶ月
4. 奏効持続期間(RECIST ver.1.1)
  中央値 95%信頼区間
中央判定(n=30) 推定不能 8.3-14.5ヶ月
治験責任医師判定(n=30) 9.7ヶ月 2.8-12.5ヶ月
5. 有害事象(主要評価項目, NCI CTCAE ver. 4.03, M7824との因果関係が否定されなかった事象)
  M7824 (N=30)
  全Grade Grade 3/4
全有害事象 19 (63%) 11 (37%)
 発疹 5 (17%) 4 (13%)
 発熱 4 (13%) 0
 斑状丘疹状皮疹 4 (13%) 0
 リパーゼ上昇 3 (10%) 3 (10%)
 貧血 2 (7%) 1 (3%)
 疲労 2 (7%) 0
 甲状腺機能低下症 2 (7%) 0
 ALT上昇 2 (7%) 1 (3%)
 アミラーゼ上昇 2 (7%) 2 (7%)
 AST上昇 2 (7%) 1 (3%)
 ALP上昇 2 (7%) 0
 Γ-GTP上昇 2 (7%) 2 (7%)
 注入に伴う反応 2 (7%) 0
 ケラントアカントーマ 2 (7%) 0
 湿疹 1 (3%) 1 (3%)
 苔癬様皮膚炎 1 (3%) 1 (3%)
 口唇扁平上皮癌 1 (3%) 1 (3%)
 脂漏性角化症 1 (3%) 1 (3%)
  • M7824との因果関係が否定されない死亡は3例に認められ、死因は間質性肺疾患2例、敗血症性ショック1例だった。
結語
化学療法歴のある切除不能な胆道癌に対して、M7824はPD-L1等の発現の有無にかかわらず、有望な治療効果が認められた。
関連論文
1) Strauss J, et al. Phase I Trial of M7824 (MSB0011359C), a Bifunctional Fusion Protein Targeting PD-L1 and TGFβ, in Advanced Solid Tumors, Clin Cancer Res. 24: 1287-95, 2018. [Pubmed]
執筆:神奈川県立がんセンター消化器内科肝胆膵 医長 手塚 瞬 先生
監修:神奈川県立がんセンター消化器内科肝胆膵 部長 上野 誠 先生

臨床試験サマリ一覧へ