食道癌 JCOG9907

このエントリーをはてなブックマークに追加
対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域
食道癌 周術期化学療法 第3相 無増悪生存期間 日本

試験名: JCOG9907

レジメン: 術前化学療法 vs 術後補助化学療法

登録期間: 2000年5月〜2006年5月

シェーマ

試験結果:

2回目の中間解析で主要評価項目である無増悪生存期間には有意差を認めなかったが、全生存期間が術前補助化学療法群で有意に延長した。

1. 5年無増悪生存率
  中央値 95%信頼区間
術前補助化学療法 44% 36.4-51.8/td>
術後補助化学療法 39% 31.3-46.3
HR 0.84 (95%C.I. 0.63-1.11)
p=0.22
2. 5年生存率
  中央値 95%信頼区間
術前補助化学療法 55% 46.7-62.5
術後補助化学療法 43% 34.6-50.5
HR 0.73 (95%C.I. 0.54-0.99)
p=0.04
3. 5年生存率(cN別による解析)
  cN0 cN1
  中央値 中央値
術前補助化学療法 54.5% 55.3%
術後補助化学療法 49.4% 39.5%
4. Grade3以上の有害事象
  術前補助化学療法 術後補助化学療法
白血球減少 5% 3%
血小板減少 2% 1%
下痢 2% 1%
粘膜炎 8% 3%
5. R0切除率
  中央値 p値
術前補助化学療法 96% 0.04
術後補助化学療法 91%
結語
cT4を除くStageII/IIIの胸部食道扁平上皮癌に対して術前補助化学療法が全生存率を有意に改善した。
Reference
Ando N, et al. Ann Surg Oncol. 2012 Jan;19(1):68-74
執筆:神戸市立医療センター中央市民病院 腫瘍内科 医師 緒方 貴次先生 

臨床試験サマリ一覧へ