肺癌 PointBreak

PointBreak: a randomized phase Ⅲ study of pemetrexed plus carboplatin and bevacizumab followed by maintenance pemetrexed and bevacizumab versus paclitaxel plus carboplatin and bevacizumab followed by maintenance bevacizumab in patients with stage ⅢB or Ⅳ nonsquamous non-small-cell lung cancer

Patel JD, Socinski MA, Garon EB, et al. J Clin Oncol. 2013; 31(34): 4349-57. [PubMed]

このエントリーをはてなブックマークに追加
対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
非扁平上皮
非小細胞肺癌
一次治療 第3相 生存期間 米国 なし

試験名 :PointBreak

レジメン:ペメトレキセド + カルボプラチン + ベバシズマブ vs パクリタキセル + カルボプラチン + ベバシズマブ

登録期間:2008年12月30日〜2012年2月3日

背景

現行のガイドラインでは、進行非小細胞肺癌患者の標準治療は、4-6サイクルのプラチナ併用療法である。特に非扁平上皮非小細胞肺癌患者においては、プラチナ製剤の併用としてペメトレキセド(PEM)、またプラチナ併用療法にベバシズマブ(BEV)を追加することを推奨している。さらに、維持療法としてPEMを継続することで生存期間の延長が示されたことから、非扁平上皮非小細胞肺癌患者に対して、カルボプラチン(CBDCA)+PEM+BEVの併用療法を行い、その後にPEMとBEVを継続する単群第2相試験が行われ、効果及び安全性が示された。本第3相試験では、進行非扁平上皮非小細胞肺癌患者に対する一次治療として、PEM+CBDCA+BEV併用療法後にPEM+BEVを維持療法する群(PemCBev群)と、パクリタキセル(PTX)+CBDCA+BEV併用療法後にBEVのみを維持療法する群(PacCBev群)が比較された。

シェーマ

統計学的事項

主要評価項目:全生存期間

PemCBev群がPacCBev群よりハザード比0.80で生存期間の延長を示すと仮定し、片側α=0.025%、検出力80%で必要症例数を900症例(各群450症例)とした。主な副次評価項目は無増悪生存期間、奏効割合、病勢制御割合、増悪までの期間、有害事象とした。また探索的項目として、維持療法を受けた患者での効果及び安全性も評価された。

試験結果:

  • 2008年12月30日〜2012年2月3日の間に計939例(PemCBev群472例、PacCBev群467例)が登録され、実際に治療を受けたのはPemCBev群442例、PacCBev群443例、維持療法を行った症例はPemCBev群292例、PacCBev群298例だった
  • 両群で患者背景に偏りは見られなかった。
1. 全生存期間(主要評価項目)
全症例 中央値 95% CI HR 1.00     
(95% CI: 0.86-1.16)
p=0.949     
PemCBev群(n=472) 12.6ヶ月 11.3-14.0
PacCBev群(n=467) 13.4ヶ月 11.9-14.9
2. 無増悪生存期間
全症例 中央値 95% CI HR 0.83     
(95% CI: 0.71-0.96)
P=0.012     
PemCBev群(n=472) 6.0ヶ月 5.6-6.9
PacCBev群(n=467) 5.6ヶ月 5.4-6.0
3. 探索的データ解析
維持療法を行った症例 全生存期間 中央値 無増悪生存期間 中央値
PemCBev群(n=292) 17.7ヶ月 8.6ヶ月
PacCBev群(n=298) 15.7ヶ月 6.9ヶ月
4.全奏効割合
  PemCBev群 PacCBev群
全奏効割合 34.1% 33.0%
病勢制御割合 65.9% 69.8%
5.増悪までの期間
 
  PemCBev群 PacCBev群 HR 0.79
     (95% CI: 0.67-0.94)
P=0.006
増悪までの期間 7.0ヶ月 6.0ヶ月
6. 有害事象(NCI CTCAE ver.3.0)
  安全性解析集団   維持療法を行った症例  
有害事象
(Grade 3-4)
PemCBev群 (n=442) PacCBev群 (n=443)   PemCBev群 (n=292) PacCBev群 (n=298)  
  n % n % p n % n % p
血小板減少 103 23.3 25 5.6 <0.001 70 24.0 13 4.4 <0.001
好中球減少 114 25.8 180 40.6 <0.001 83 28.4 136 45.6 <0.001
貧血 64 14.5 12 2.7 <0.001 46 15.8 5 1.7 <0.001
倦怠感 48 20.9 22 5.0 0.001 35 12.0 8 2.7 <0.001
感覚性神経障害 0   18 4.1 <0.001 0   15 5.0 <0.001
発熱性好中球減少症 6 1.4 18 4.1 0.02 3 1.0 13 4.4 0.02
血栓塞栓症 14 3.2 9 2.0 0.30 9 3.1 3 1.0 0.09
消化管出血または肺胞出血 8 1.8 2 0.5 0.06 6 2.1 0   0.01
高血圧 15 3.4 24 5.4 0.19 11 3.8 21 7.0 0.10
脱毛症(Grade 1-2) 29 6.6 163 36.8 <0.001 25 8.6 127 42.6 <0.001
結語
進行非扁平上皮非小細胞肺癌患者に対する一次治療において、PacCBev群と比較して、PemCBev群は生存期間の延長は示さなかったが、無増悪生存期間は有意に改善させた。有害事象の特徴は異なるが、どちらもコントロール可能であり、治療選択の一つとなりうる。
関連論文
・ Isolating the Role of Bevacizumab in Elderly Patients With Previously Untreated Nonsquamous Non-Small Cell Lung Cancer: Secondary Analyses of the ECOG 4599 and PointBreak Trials. Am J Clin Oncol. 2016; 39 (5) : 441-7. [Pubmed]
・ Exploratory Subset Analysis of African Americans From the PointBreak Study: Pemetrexed-Carboplatin-Bevacizumab Followed by Maintenance Pemetrexed-Bevacizumab Versus Paclitaxel-Carboplatin-Bevacizumab Followed by Maintenance Bevacizumab in Patients With Stage IIIB/IV Nonsquamous Non–Small-Cell Lung Cancer. Clin Lung Cancer. 2015; 16 (3) : 200-8. [Pubmed]
・ Quality of life analyses from the randomized, open-label, phase III PointBreak study of pemetrexed-carboplatin-bevacizumab followed by maintenance pemetrexed-bevacizumab versus paclitaxel-carboplatin-bevacizumab followed by maintenance bevacizumab in patients with stage IIIB or IV nonsquamous non-small-cell lung cancer. J Thorac Oncol. 2015; 10 (2) : 353-9. [Pubmed]
執筆:琉球大学大学院医学部研究科 感染症・呼吸器・消化器内科学講座 医員 柴原 大典 先生
監修:市立岸和田市民病院 腫瘍内科 医長 谷崎 潤子 先生

臨床試験サマリ一覧へ